迫りくる老後2000万円不足問題

迫りくる老後2000万円不足問題

「老後2000万円問題」とは、金融庁の「市場ワーキング・グループ」が公表した報告書において、「公的年金以外に老後資金2000万円が必要」と公表したことが問題となり、多くのニュースで取り上げられました。

今はまだ実感のない方も多くいるかもしれませんが、老後の資産不足は誰にでも訪れる問題で避けては通れません。

改めてこの老後2000万円不足問題について考えてみたいと思います。

本当に老後は2000万円必要なのか?

最近よく話題に上るため「老後2000万円不足問題」はどなたも耳にしたことがあると思います。

老後に不安を感じているサラリーマンや主婦の方も多いのではないでしょうか。

しかし2000万円という具体的な数字を政府がしていますが、必要な資金は人によっても大きく違ってくると言えるでしょう。

2000万円という数字はさまざまな前置きをしたうえで平均値として試算しているものであるので、あまり数字にこだわりすぎる必要はありませんが、老後のために貯蓄が必ず必要で荒れることは事実です。

老後への対策

仮に老後に必要な資金を2000万円と仮定して、定年までの年齢で貯蓄をするためにはどうすればいいでしょうか?

世間では50代で2000万円の貯蓄をできている人は20%にも満たないという統計も出ています。

具体的にどういった対策をとるべきなのか考えてみましょう。

class=”margin_bottom”>転職やキャリアアップ

今の収入で貯蓄が難しいようであれば、収入アップのためにキャリアップを目指したり、キャリアアップが望めない場合は転職を考えてみてもいいかもしれません。

その際に気を付けていただきたいのが、目先のお金を取りに行くばかりでは収入アップは望めませんので、なるべく長い目で見て選択をする必要があるということです。

class=”margin_bottom”>投資などの資産運用

株式投資などはうまくいけば貯金を大きく増やすことが可能です。その他には不動産投資なども不労所得も資金に余裕があるようであればおすすめです。

ただ投資にはリスクもあるので、ある程度の経験や知識が必要となってきます。

将来の為にこうした勉強を始めてみるのもいいかもしれません。

class=”margin_bottom”>副業

コロナ禍や流行ら着方改革で収入が減少してしまった人が多い中、老後のためにできることは「副業で副収入を増やし、老後も得られる収入源を増やす」ことでしょう。

政府が「兼業・副業の拡大」を掲げたことで、今後は企業も副業を容認し副業人口はさらに増加をすると考えられます。

副業は単純に収入アップを望めるほか、様々な業種を経験することが経験できるので、スキルアップにもつなげやすいです。

手に職がつけられれば定年後も働き続けることができるので、スキル目的で副業を選ぶのも大いにありだと思います。

TOPページを見る